○●○●○●○●○新年、明けましておめでとうございます。○●○●○●○●○
     本年もどうぞよろしくお願い致します.。゚+.(・∀・)゚+.゚

□■□■□■□■□

昨年、我が家はリフォーム&増築を行いました。
築12年の平屋で部屋は7畳半の和室が2間に18帖のLDKでした。
結婚する前(出会う前)に建てられた家で
家族やペットが増えた現在のライフスタイルに合わず
住みにくくなり、また消費税も上がりそうな事や建築材料も新しい物を使って
いいものはお客様にもオススメしていきたいと思いリフォーム&増築を計画しました。

住みにくく感じたのは
子供部屋がないためにリビングが片付かなくなってしまった事で
幼稚園の頃はまだよかったのですが小学生になると物も増え収納も足りず困り
子供部屋を増築する事を去年の初め頃に考え始めました。

それからどんな雰囲気の家にしようか悩み、分からなくなり
いろいろな(家やインテリア)の本を毎日のように読んでいました。
中でもお気に入りがI'm homeや日曜日の風景でした。






これらの雑誌から輸入クロス, 輸入タイル, 塗料,
のことを知りそれらを取り扱っているお店がある東京と大阪へ行ってきました。

輸入クロス
のお店では何百種類ものカタログが置いてあり
日本製とはデザインが全く違いオシャレで色も綺麗でカタログを見ているだけで
時間があっという間に感じるくらいに楽しかったです。

デザイン性以外にも勉強になった事があります。
日本製のクロス裏は紙ですが海外のものはほとんどがフリース(不織布)素材です。

これはどういうことかというと

フリース素材はのりが付いてからもクロスが伸びないから
1.丈夫で破れにくい
2.水に濡れても伸び縮みが少ない
3.壁にのりを塗って施工ができる
という特徴があります。
また
乾燥時にも縮みにくい為、紙クロスだと接着の強い糊を使わないといけないけれど
フリースクロスだと接着力の強くない糊が使え剥がしやすく、剥がした後に裏紙が残りにくい
いうメリットがあります。ということは、DIYに向いているということです!!
ということは
施工職人さんにとっても張りやすい
だから
仕上がりは綺麗
となります

実際、うちの家で輸入クロスを張ってみたら仕上がりの綺麗さに
驚きました
リフォームでクロスの張り替えを何度も見てきましたが全然違います
日本人だから海外の物はどうかな??と心配するところが
ありましたがクロスは大丈夫です。輸入クロスの方がいいことがわかりました。
オススメします

□■□■□■□■□
うちで使ったクロスです
IMG_6736


クロス:FARROW&BALL(イギリス)
高品質の天然顔料を使用しているため発色に優れ奥行きのある空間をつくり出します。
18世紀から受け継がれるプリント技法による凹凸ある手触り独特な風合いが魅力です。
特殊加工を施しているため水拭き可能です。
サイズ:W530×10m 25000円/ロール
今回、1ロール使いました。

IMG_6416

IMG_6735


クロス:Mariska Meijers(オランダ)
オランダのアムステルダムがベースの女性デザイナーのものです。
花瓶に活けられた可憐な花をハンドドローイングで表現。
手描きならではのラインの美しさに惚れます
某TVドラマでも使われていました
サイズ : W53×10m  21600円/ロール
今回、2ロール使いました。

IMG_6410

IMG_6737


クロス : eijifinger(オランダ)
オランダで100年以上の歴史を持つ老舗ブランド
強い個性を主張し大胆な色使いのデザインが特徴のブランドです。
スペインのイビサ島「地上の楽園」リゾートアイランドの太陽が輝くイメージのクロスです。
濃い部分がパールに輝き綺麗です 
サイズ : W52×10m 17500円/ロール
今回、7ロール使いました。

IMG_6409

IMG_6738

クロス : KOZIEL(フランス)
舞台装飾に携わっていたデザイナーだからこそ実現できた
スーパーフェイクの世界のクロス。 
本物のレンガを使おうとするとコストが高くなるためこのクロスを使ってみました。
サイズ : W53×10m 9180円/ロール
今回、3ロール使いました。

IMG_6742

こちらのアンティークドアもKOZIELのヴェルベット生地のクロスを張ってドアを製作しました。
本物のアンティークドアも雰囲気があっていいのですが
コストが高いことと塗装がポロポロ剥がれて部屋が汚くなるのが嫌で
かと言って塗り直してしまうとアンティークでなくなってしまうのでこのクロスを使ってみました。
サイズ : W85×2m 28500円/シート
今回、2シート使いました。
IMG_6412

IMG_6740

こちらもKOZIEL
男性の方から人気がありました
本物の本がたくさんあるように見えます
サイズ : W53×7.7m 11880円/ロール
今回は、1本使いました。

IMG_6739

クロス : WALLQUEST(アメリカ)
米国の歴史ある壁紙メーカー。
クラッシックな柄を中心に根強い人気を誇るメーカー
このクロスも某TVドラマで色違いの物を使われていました
サイズ : W52×10m 19440円/ロール
今回、1ロール使いました。

IMG_6411

□■□■□■□■□

日本の家は白やベージュの無地調のクロスが多い
理由は
1.クロスの選択は設計側(建設会社)が決めているため無難な色柄を選択する。
2.土地が高いため家が狭く、部屋数が少ないため部屋の用途が分化せず、多用途であるため
3.日本人は漆喰などの影響が強く残り白を好む傾向が強い。
という理由がありました。

シンプルがお好みの方には輸入クロスは向いていないかもしれませんが部屋ごとに
雰囲気が変わって私達家族は家にいることが楽しくなりました。
家に来られたお客様からも特に女性の方からは可愛いとご好評でした
まだまだ輸入クロスを張ったことがある職人さんが少ない世の中。。。
そのためもあってか輸入クロスを選ばせてもらえない建設会社さんも多いようです。
でも江郷建設では実際に張ってもらった職人さんがいますので安心してお任せ下さい


輸入クロスを張る事で部屋の雰囲気がガラっと変わります
今、張っているクロスの上からも張ることができます。

今回、輸入クロスを購入したお店はWALPAカラーワークスです
WALPAで検索、カラーワークスで検索してみて下さい。たくさん載っていますよ